東京から福岡へUターン。里山・里海でのスローライフを体験し紹介していきます。

里山・里海でスローライフはいかが?

燻製

燻製の前処理の~巻

投稿日:

田舎に帰ってきて、やりたかったことの一つに燻製作りがある。

いろんな食材を使って、普段の食べ物にアクセントをつける。

その食材も、いずれは自分で作ったり獲ったりしたものも使ってみたい。
で、燻製をするには、実際に燻す前に味付けを行う必要がある。

塩と砂糖が基本で、お好みでいろんな香辛料等を使う。

味付けの方法も、大きく二通りのやり方があり、

●直接食材に塗り込む
●ソミュール液(水に塩等を溶かした液)に漬け込む

いずれにしても、味をつけるという以外にも、長期保存を可能にするという意味合いもある。
ネットでいろいろと燻製の情報を見たけど、まぁ人それぞれで千差万別。

ソミュール液をの材料の割合もバラバラ。

漬け込む時間も燻す時間もバラバラ。
なので、自分でいろいろと試してみるしかないみたい。
ということで、まずは味付けにムラが出来にくい、ソミュール液を使うやり方にするとして、その割合は下記のようにする。

●水・・・・・・1000ml
●天然塩・・・・150g
●三温糖・・・・70g

今回は、まず基本中の基本に徹し、スパイス系は一切入れない。

次回以降は、いろんなものを試してみたい。

あ、実際には今回は全て倍の量でソミュール液を作ってみた。
大きな鍋に、水・塩・砂糖を入れて沸騰させて、火を止め常温になるまで放置。

ちなみに、今回は3種類ともドラッグストアのコスモスで購入。

●霧島の水2L・・・・59円
●瀬戸の塩1kg・・・88円
●三温糖1kg・・・・139円
(税込み)

ソミュール液

で、昨晩「うずらの卵」を茹でたものと「ちくわ」を漬けて冷蔵庫に入れてます。

「豚肉」は今日の午後漬けました。
実際に燻製にするのは明日かなぁ。

結構、何日も漬ける人もいるようだけど、待ちきれないしなぁ。
今回の食材に関しては、

●うずらの卵(10個)・・・・99円
●ちくわ(4本)・・・・・・68円
●豚肉・・・・・・・・・・・冷蔵庫にあったもの
(税込み)

という、とてもチープなものにしました(豚肉の値段はわからないけど、まぁ安いものだと思われる)。

うずらの卵 in ソミュール液

ちくわ in ソミュール液

豚肉 in ソミュール液

実際には、燻製にする前に塩抜きして、食材の表面を乾燥させてから燻す事になる。

なかなか手間がかかる子だね♪
ではでは、明日が楽しみだ~★

広告300

広告300

-燻製

Copyright© 里山・里海でスローライフはいかが? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.