昨日見た虫たち

朝からどんより曇り空。

今日は、昨日畑や原木椎茸栽培地にて見た虫の紹介です。

まずは、畑のジョーロの上にいた「ショーリョウバッタ」。

ショウリョウバッタ

全国に分布していて、この畑でもよく見かけます。

イネ科の植物なんかを食べてるそうな。

次は、陶房郷原自宅前の道路にいたバッタで、調べてみると「フキバッタ」の一種だと思われます。

フキバッタ

フキの葉っぱを好んで食べるので、この名前がついたとの事。

ハネは退化していて飛べず、跳ねることしか出来ないので移動範囲は狭い。

お次は、原木椎茸の積み重ねていたホダ木の間にいたムカデ。

調べてみると国内では最大の「トビズムカデ」だと思う。

トビズムカデ

う~ん、気持ち悪い。

最大20cmくらいになり、昨日のコイツも15cmくらいはあったと思う。

ムカデの中でも毒性が強く、肉食でバッタ・ガ・ゴキブリ・ネズミなんかを食べる。

くれぐれも噛まれないように気をつけましょう。

最後は、やはり原木椎茸の栽培地にいた巨大ミミズ。

しらべてみると「シーボルトミミズ」だと思います。

シーボルトミミズ

この写真を撮ったタイミングでは、ちょっと縮んでしまったけど、伸びてる時は30cmくらいはあったかと。

う~ん、気持ち悪いpart2。

四国・九州を中心に分布し、我が九州ではヤマミミズとも呼ばれるそう。

ウナギを釣るときのエサとしては最高だそうな。

この辺に、ウナギさんいないかなぁ。

ということで、今回は気持ち悪いものも含め、昨日出会った虫たちの紹介でした♪

ブログ村投稿下
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
よろしければクリックをお願いしますm(. .)m
 
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

QLOOKアクセス解析