東京から福岡へUターン。里山・里海でのスローライフを体験し紹介していきます。

里山・里海でスローライフはいかが?

DIY

薪ストーブがやってきた!

更新日:

昨日の夕方、待ってましたな薪ストーブが届いた(^_^)

薪ストーブ 【薪を入れる前方】

一緒にポチッとした煙突はまだ届いてないけど、子供が買ってもらったおもちゃを、家に帰る前に開けちゃうように、待ちきれないので、アルミのダクト(竹炭づくりで使ってる煙突の残り)を無理やり繋いで使ってみた。

薪ストーブ 【煙突を繋ぐ後方】

薪は、多分1年位前に庭の木を切った時の木が、庭に転がってたものを使った。
チェーンソーを使うほどのこともなかったので、のこぎりで切ったり、細い枝は足で踏んづけて折ったり。

薪ストーブ 【鍋なんかも二つ置ける】

初めて使うときは、ストーブの中に灰なんかを敷いていた方がいいらしいので、庭のかまどから灰を持ってきて、火付け用に松ぼっくりも用意した。

薪ストーブ 【灰と松ぼっくり】

薪ストーブ 【灰を敷く】

ネットで仕入れた知識で、最初は結構煙が出るってことは知ってたけど、まぁ~~出るわ出るわ。
部屋中、煙だらけ。

温度が上がってくると、煙も出なくなった(もちろん煙突からは出てる)。

で、温度が上がると、ストーブの上部が元の灰色から、焦げた色に変化。
これも、もともとそういうもんらしいし、別に気にしない。

まぁ、所詮3,800円(煙突は別)の薪ストーブだし(^_^;

今までのエアコンは、椅子に座っている場合、ほぼ頭の上から風が吹いてくるので、非常に不愉快だったけど、やっぱりストーブだと、風ではなくて空気があったかくなるんで、とても居心地がいい。

この部屋で薪ストーブなんて、ちょっと冒険だけど、思い切って買ってよかった♪

今後の課題は、薪集めかな~。

ちょっと、枯れた竹も試してみよう。
竹なんかは火力が強いんで、ストーブを痛めやすいらしいけど、まぁこのストーブの場合、何年も何年も使えるとは思ってないし(当然、出来るだけ使いたいけど)。

雨が降る前にもっと薪に出来るを集めとけばよかったなぁ。

あ、木炭用に海岸から拾ってきた流木が、まだ結構あったか。

広告300

広告300

-DIY
-

Copyright© 里山・里海でスローライフはいかが? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.