東京から福岡へUターン。里山・里海でのスローライフを体験し紹介していきます。

里山・里海でスローライフはいかが?

DIY

初めての木炭作り・・・ちょっと出来た!

投稿日:

昨日は、結局夜の12時くらいまでかまどで火を焚いておりました。

18時くらいから始めたから、大体6時間くらい。

で、日にちは変わって本日26日。
朝、10時に蓋を開けてみる。

・まだまだ全くなのか。
・それなりに炭になのか。
・完璧か(まぁ、これはね)
・もう焼けてしまって灰になってるのか。

=======オープン=======

 

木炭づくり

木炭づくり

う~ん・・ちょいと取出しが遅かったか・・・。
原形をとどめているのも結構あるけど、灰になってるのもある。
かまどの火が消えてから、10時間近く経ってるけど、微妙に火がくすぶってるところもあった。
■今回の検証

燃焼時間:6時間
開封まで:10時間

開封までの10時間は、夜だったからという理由。
昼間なら、かまどから下ろして多少冷まして、たとえば1時間後に開けるとどうなってるのか。
開けた後は、灰なり水なりをかけないと、開けることで空気に触れて、折角出来た炭が燃えてしまう。
そういうことで、再度挑戦。

とりあえず、前回より燃焼時間を短くして、一度開けてみようと思うも、雨がパラパラと・・・。
多少の雨なら、上に薪が入った缶があるので、火は消えないけど、どうも湿気のせいか火のつきが悪い。
以前の残りの木炭を入れても、なかなか火が付かないし、付いても消えがちになる。

で、所要でちょっと出かけて、帰りに陶芸家の友達の家に寄る。
いろいろ、お互いに近況を話して、近いうに我が家の庭に、今度は石釜を作ることにした!!
もちろん、彼からのアドバイスをもらいながら。
とりあえずは、いろいろとネットで石釜の勉強しなくては。

あ、あと彼は陶芸家なので、釜に使う木を沢山持ってて(家では薪ストーブ使ってるし)、これももらえる事になったのは、うれしか~こつばい!
薄暗くなって家に帰って、かまどの火も消えてると思いきや、お袋が薪や木炭をくべていてくれた。
昨日より火力が弱い時間が長かったけど、とりあえずかまどから下ろして、少し冷やして開けてみる。

奥までは見えないけど、ちょっとまだ炭になりきれてない奴もいる。
蓋を開けたせいで、酸素が入って奥の方で燃え出した!
急いで、一旦閉める。
穴を塞いで、酸素が入らないようにして、まだ炭に慣れていない奴が、このまま少し放置してどうなるか見てみることにした。

で、なんだかんだ遅くなったんで、開けるのは明日のお楽しみに~♪

広告300

広告300

-DIY
-, ,

Copyright© 里山・里海でスローライフはいかが? , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.