東京から福岡へUターン。里山・里海でのスローライフを体験し紹介していきます。

里山・里海でスローライフはいかが?

DIY

今度は炭作り始めてみた♪

投稿日:

さてさて、昨日の夜から雨が結構振ってたけど、日中は今のところ曇りで、微妙に晴れ間も見えたりと、部屋でヒッキーしなくても大丈夫。

ってことで、塩作りから派生して、かまど作りに発展し、木炭を使うのはもったいないから、海岸から大小木を拾ってきて焚き木にして、どうせなら木炭を作ってみたいな~というのが現在。

なので、材料をゲットしに海岸へ。
昨日行った所と、もう1箇所別の海岸へ。

焚き木拾い

昨晩雨が降ったので、当然濡れているけど気にしない。
海水汲みもそうだったけど、なかなか腰が痛くなる作業。
結構な量になったので、一旦家に引き返す。

焚き木

 

拾ってきた木が長いだけなら、電動ノコであっという間に切れる。
木炭作り

 

でも、かまどの燃焼スペースが狭い分、太い木だとそのままでは使えないから、鉈や斧で切りたいところだけど、結局家にあるかもしれないという鉈も見つからないので、ナフコ(ホームセンター)で買って来た。

2,100円くらいの鉈。

ちなみに、昨日のブログにも書いたけど、今回の用途には斧よりも鉈の方がいいらしい。

早速、電動ノコで適当な長さにカットして、鉈で割ってみる。

鉈割り

木によっては、簡単に割れるけど、ものによってはなかなか入り込まない。
上から、ハンマーや金づちなんかでブッ叩くといいんだろうけど、手頃なハンマーが我が家にない・・・。
とりあえず、割りやすい木だけを、いくつか割っておく。

 

次に、木炭を作る入れ物。
一斗缶あたりが、お手頃なんだろうけどないので、家の周辺を探すと、一斗缶を丸くしたようなものがあった。

木炭作り

かなり錆びていて、蓋はちゃんとあるけど、逆に底の部分が一部穴が空いてる・・・。
上下をひっくり返して使えばいいやと、これに木を詰めていく。

先に、縦に立てるように入れて、余ったスペースは横に入れる。

炭作り

 

この間、濡れている木を、かまどで乾かしたりしつつ、夕方6時くらいから木炭作りスタート!
かまど

 

どのくらいの時間やればいいのか・・・さっぱりわからん。
材料となっている木材が、海岸から拾ってきたものなので、木の種類はバラバラ。
あと、木の量とか火の強さ加減とか、いろんな要素があるし、たまに蓋を開けて確認したいところだけど、なんせ今回のの入れ物は上下が反対になっているから、そう簡単には確認できない。
まぁ、かなどから下ろしてある程度冷えたら開けられるけど・・・。

木炭作り

とりあえず、寝るまで燃やし続けるかな♪

広告300

広告300

-DIY
-,

Copyright© 里山・里海でスローライフはいかが? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.